• HOME >
  • 藤間NEWS >
  • 民法改正①~自筆証書遺言の方式が緩和されます~

民法改正①~自筆証書遺言の方式が緩和されます~

市民生活や会社取引等に多くの影響を及ぼす改正民法が公布されておりますが、全ての改正点が同時に施行されるわけではございません。

今回は、2019年1月13日に施行される「自筆証書遺言の方式緩和」についてご説明いたします。

遺言にはいくつか種類がありますが、自筆証書遺言は思いついた時に手近にあるメモ用紙等で作成できますので、最も手軽な遺言です。

しかし、「全文を自筆しなければならない」ために負担になることがあります。

そこで、改正により、遺言全文のうち財産目録のみではありますが、パソコンでの作成や、通帳のコピーの添付が認められるようになりました。

ただし、財産目録の各ページに署名と押印が必要になりますので、改正後もなお負担に感じる場合は、全文について自筆が不要な公正証書遺言を選択されると良いでしょう。

<< 藤間NEWS一覧へ戻る

  • 会社・法人登記の業務
  • 不動産登記の業務
  • 個人のお客様へ

お問合せ(ご相談・お見積のご依頼)

業務内容や登記に関するご相談ご質問はお気軽に。

03-6266-2525【受付】9:00~18:00(土日祝除く)

メールでのお問合せは

toma-ju@toma.co.jp

地図・交通

JR東京駅下車、徒歩2分でご来社いただけます。

藤間司法書士法人

藤間司法書士法人
〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
丸の内トラストタワー本館3階 JR東京駅 八重洲北口より徒歩2分

03-6266-2525

03-6266-2526

お客様の課題をワンストップで解決するプロ集団。それがTOMAグループです。

TOMAコンサルタンツグループ株式会社(東京/シンガポール)


TOMA税理士法人 TOMA弁護士法人 TOMA社会保険労務私法人 TOMA監査法人 TOMA行政書士法人 TOMA 税理士法人 TOMA弁護士法人 TOMA社会保険労務士法人 TOMA監査法人 TOMA行政書士法人

Copyright (C) TOMA Judicial scrivener office. All Rights Reserved.